ASX株式会社 代表取締役 蓼沼康之

1981年生まれ 茨城県出身

経歴

2004年 投資用ワンルームマンションディベロッパーで総務部人事課配属ながら、独学でウェブサイト制作やSEO対策を体得し自社の様々なウェブサイトを構築。

顧客情報を業界でいち早くクラウドで管理し、メールマーケティング、紹介キャンペーン等様々なインサイドセールスの企画を打ち当時反響で売ることは難しいと言われていた投資用マンションを反響にて成約する。

2010年に転職した社員20名程度度のPCサプライ品の貿易商社のゴルフボールの新規事業責任者として、スポーツメーカーでもなければゴムメーカーでもない企業のオリジナルブランドゴルフボールを、全国展開、大手量販店への導入、ゴルフボールAmazonランキング1位を達成。

2015年に不動産テック・フィンテック企業に転職し、営業部門を率いて大手地銀、大手不動産会社の新規開拓や深耕。不動産ビッグデータのウェブサービスの企画を行いローンチに成功。

2社で営業部長及び経営陣を歴任し、ASX株式会社設立。

パーソナリティ

以前はノウハウ・メソッドをフル活用し徹底し、効率化から生産性を追求し売上至上主義・能力主義の人間でした。いわゆる勝ち負けこそ世界のすべてであり、自分は勝ち続けないと価値が無いと思い心の奥底では葛藤していました。

そんな冷酷な自分の心の奥底に会った一筋の善心。それは「どうして自社の商品だけを勧めないといけないのだろう。このお客様には 競合の製品の方が明らかにあっているのに」というホンネでした。

ある日とある社内のいざこざから心が折れてしまい、プレゼンの場でお客様に言ってしまいました

「御社のプロジェクトを実現するには、弊社よりも○○○社のサービスの方が合っています」

もうヤケクソでいったので、競合企業のサービスを割と細かく説明してしまいました笑(競合研究にぬかりはないので、結構説明できます)

するとお客様から出た言葉は、

『確かに○○○社のサービスのほうがウチには良さそうですね。では契約します。御社と。』

まさかの言葉に驚きました。

この1件以来、自社のサービスをよく見せる営業やプレゼン、プロモーションから、業界・マーケット・競合のサービスをしっかりと理解した上でお客様の成果を創り出せる提案を心がけるようになりました。

その結果、受注率は劇的に向上し会社員人生最後の半年間は失注0件という、自分でもありえない数字を叩き出してしまいました。

メンターと出会い更にこの根幹にあった考え方が加速し、目先のお金や契約を取りに行くことよりもお客様に対して慈愛を尽くす。ひとつひとつの案件に金額や企業規模で差別・区別することなく全力を尽くすことを繰り返しました。

お客様やご縁、仲間に恵まれて今日という日を生きられている喜びを噛み締め前進していきます。

一日一生
ASX株式会社 代表取締役 蓼沼康之