「あなたの会社は何の会社ですか?」

と聞かれたら

以前は表面的な回答として「DX,セールステック、ウェブコンサルの会社です」と回答していました。

今はこう回答しています

「Not Clearを解消しThis is meをつくる会社です。」

Not Clear って独特の表現であまり聞いたことがないと思いますし、一般的な言葉ではないと思います。

弊社代表取締役の蓼沼の師がよく使われる言葉です。

わかりやすい言葉で言うと、モヤモヤしてる状態でしょうか。

御社の課題はなんですか?

売上・シェア拡大、離職率、人税育成、インフラ、新規開拓、財務体質の改善、MVVの浸透

などよく耳にします。

もうちょっとだけ深堀りして、例えば売上が伸びない原因は?と聞くと

『営業部の行動量の不足だよね』とか『会社としてインフラが整ってないからだよね』とか表面的な課題は聞けばいくらでも出てきます。

でも、その課題を解消したら本当に売上は伸びますか?

仮に売上が伸びたとしても、経営者や社員の幸せは手に入りますか?

この、解決しても本当に欲しいものは手に入らない状態が弊社では Not Clear であると考えています。

ウェブ制作で例えると

ホームページを作る時もそう。作っているときは楽しいし、出来上がった時にキレイなホームページができれば一瞬心に花が咲いて嬉しい気持ちになります。

それでもその後成果に結びつくウェブサイトはほんの一握りだと思います。

なぜでしょうか?

Not Clearだからです。

人と同じで、ホームページもどんなに外見を綺麗に着飾っても、中身が伴っていなかったり、私が私でない限り魅力は伝わりません。

ホームページ制作でいえば、デザインの綺麗さも大事な要素の一つではありますが、本当に大切なのは、ありのままの御社やあなたを表現することなんです。

でも、自社や自分のことが1番わからない。客観視出来ないから弊社がなんとか御社のあなたのThis is meを創り出し、

「私たちがクライアントに伝えたかったことはこれだったんだ」

を引き出し、可視化することが私たちのMISSIONだと確信しています。

This is me

お金を稼ぐことよりも、№1になることよりも

「これが私です。」

「これが弊社です。」

と確信を持って言えることが、一番の幸せであると私たちは確信しています。

多くの企業が、稼ぐだけのために This isn’t me になり、そこで働く社員個人も、This isn’t meに陥り、

何のために仕事をしているのかわからなくなります。

本質的な課題をあぶり出し、本音で分かち合い、立ち向かうことで This isn’t me は This is meになり、会社をそこで働くひとを大きく変えられると私は確信しています。

弊社が展開する、DX、セールステック、ウェブ制作やLINE公式に関する事業は、それらを炙り出し表現するために都合の良いツールであるから展開させて頂いております。

今後、もっとThis is meを創り出すためによりよきツールが見つかった暁にはその事業を展開していく所存です。

Not Clearを解消しThis is meへ